2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 浴衣でほうずき市 灼熱地獄 | トップページ | 着物キターーーッ! »

2005年7月13日 (水)

ころもやさんと豆千代さん

ヒマを見つけては着物ショップ訪問。財布のひもがヤバーイです。

人形町にある「ころもや」は新潟十日町直営のショップ。
江戸更紗の職人さんの作業も見学できます。
直営で職人さんを抱えていらっしゃるので、「こんな色でこの柄のものが欲しい」というオーダーもできるそうです。
帯留め・帯揚げ・襦袢など小物もいろいろ置いてあり、ショップでありショールームであるような感じでした。
問屋さんが間に入らないということは価格も抑えめってことですね。
普通のハイセンスなブティック風で、BGMもトランスみたいのが流れてて
よくある呉服屋さんの近寄りがたいムードはありません。
それでも靴を脱いであがるんですよ、おもしろいですね。

また、数ヶ月に一度「足袋を縫おう!」「江戸小紋染めに挑戦」などのイベントも開催されているようなので
興味のある方はサイトをごらんください。

サイト
ttp://www.koromoya.com/index.html


そして西荻窪にある、ガーリー着物のカリスマ、豆千代さんのショップ
「豆千代モダン」にも行ってまいりました。
シロクマ柄の浴衣とかさー、かわいいよ〜かわいすぎるよ。
キライじゃないんだ、むしろ好き。しかしイタイおばちゃんになっちゃうよ。
それでもストライプや無地っぽい浴衣で、渋い帯を合わせれば大人(笑)でも充分着られ、
しかも顔写りのイイものもいろいろありました。
買うつもりもないのにたくさん試着しました。ごめんなさい。
麻混の浴衣、肌触りも顔写りもとてもヨカッタです。店員さんはみな親切でした。
大きめのサイズのものを着るコツなどを教えていただきお世話になりました。

ショッピングサイトの写真では実物の感じが伝わらないですね。
あらためて触って確かめるのが一番だと思わされました。

そして豆千代サイトでは買えない作家さんのバッグなども置いてあり…
シックな感じが気に入って購入してしまいますた。
この日は絶対に何も買わないと決めていたのに。豆腐の根性。

サイト
ttp://www.mamechiyo.jp/index.html

★百貨店に置いている豆千代さんの浴衣は164センチ用が定番だそうです。
 私は着物界でもチビなことが認定されました。
 160センチのものが着やすかったです。

« 浴衣でほうずき市 灼熱地獄 | トップページ | 着物キターーーッ! »

コメント

大変遅くなりましたぁ。
やっと、コメントを差し上げることができました。

久しくお会いしていない間に、
本格的に”和モード”になっていたのねっ。

Sさんから、”着物にハマってる”とは
聞いていましたが、ここまでとは。。。

風情があってとっても”素敵”です。

このブログを読んで、私も勉強させて
もらいますね。

では、またね。

porcoさんコメントありがとう。
もっとわかりやすいハンドルネームでお願いしますよ〜

和モードってワケでもないんですが、洋服には興味なくなったW
暑いし、夏の着物を持ってないんで秋からがマジモードです。
無地っぽい着物も欲しいし、帯もバリエーションが欲しい。
金がかかってしかたありません。どうしようかね。

またあそびに来てくださいね。

こんな感じも素敵ですね~
http://www.jingumae.jp/~karokaro/
8月4日~8日に吉祥寺のにじ画廊で販売するみたいです
近いからお散歩がてらにどうどす?

コメントありがとう。
そうですね、吉祥寺には丸井に「くるり」も入っているし
ブラブラしたいですね。
また間近になったらメールに書いてくれる?

でも買わないよ。きっと買わない。買わない誓いをたてないと!
それでもきっと気に入ったものがあったら…買うんだろうなあ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119098/4953354

この記事へのトラックバック一覧です: ころもやさんと豆千代さん:

« 浴衣でほうずき市 灼熱地獄 | トップページ | 着物キターーーッ! »