2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 江戸小紋の工房 | トップページ | 浴衣でほうずき市 灼熱地獄 »

2005年7月 8日 (金)

ドラマ「女系家族」

皆さん、ご覧になりましたか。
老舗の呉服屋を代々営む家族と、今は亡き婿入り社長の愛人が繰りなすドラマ。
「黒革の手帖」で架空口座・脱税などのネタを武器に、ゆすり・たかりをしていた米倉涼子が
いじらしい愛人としていじめられておる。

設定が現代の東京に変えられちゃってるのでちょっと違和感が。
イマドキの呉服屋で、あんなに遺産相続で目の色変えてモメるほど財産あるんでしょうかね。

呉服屋の三姉妹の着物の豪華さとか、紡績工場が出てきたり
踊りの師匠が登場したりと興味をそそる内容ではありました。

今後は相続争いでずーーーっと騒いで、昼ドラ並のイジメが巻き起こるんだろうな。
黙って耐えるだけの主人公ではないだろうから反撃もかますだろう。

原作者・山崎豊子さんの小説はいくつか読んでいるんですが
「女系家族」は未読。かつて作られたドラマ(映画?)も見たことがありません。
だから今後が楽しみだ。コテコテの愛憎劇の予感。


米倉涼子といえば、ドラマの番宣で出演した「ピッタンコカンカン」での浴衣姿、かわいらしかった。
べっこう細工屋に駆け込んで行って、べっこうのかんざしと猫のシルエットの帯留を選んで
安住アナに「買って♪」とおねだりするのも、趣味がいいし媚びも感じないので許す。
特別好きな女優ではなかったが、黒革以降、つい見てしまいます(笑)
無邪気でゴージャスでいい女だな、と思うようになった。

安住アナ、俺にも買ってくり〜。

« 江戸小紋の工房 | トップページ | 浴衣でほうずき市 灼熱地獄 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119098/4883258

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ「女系家族」:

» 「ロンドンの地下鉄テロ事件」と「女系家族」 [日々ニュース&ティータイム]
ただの地下鉄テロかと思っていたら、同時多発テロだったのですね ロンドンの地下鉄テロ事件 テロは忘れた頃にやってくる、というのを実感した事件でしょう 最近、水害や地震や津波など自然災害にすっかり振り回されていて テロに対する注意が緩んでいたのではないで... [続きを読む]

« 江戸小紋の工房 | トップページ | 浴衣でほうずき市 灼熱地獄 »