2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ドラマ「女系家族」 | トップページ | ころもやさんと豆千代さん »

2005年7月10日 (日)

浴衣でほうずき市 灼熱地獄

あつ〜。本日、浅草でほうずき市がありました。
今日浅草寺にお参りすると四万六千日分の効果があるそうです。人生楽勝!
友人はジーンズで私だけ浴衣というおかしな状態でしたが、
かなりうろうろ遊んで帰ってまいりました。

暑かった。マジ暑かった。
夏の着物って涼しげで素敵ですが、浴衣でこんなにメゲているんですから無理そう。
帯を気合い入れて締めたら、家から出かける以前に
すでにミゾオチのあたりが気持ち悪くなっとりました。
かき氷食べて体温を下げるまで胃の具合の悪さは続いていたし、
ひさびさに髪をアップにしたので耳のあたりがジリジリ焼けるような…。
帰ってからぜ〜んぶ脱ぎ去って
タンクトップにパンツ一丁で、立て膝でタバコウマーーッ!って最高!(最悪最低)

本日はじめて履いた下駄が、本当に奇跡的に鼻緒ズレを起こさなかったので
それだけが快適でした。

浅草での浴衣率、ざっと10〜15パーセント。今年も多いです。
瀬戸物屋とかのオバチャンが、歩いてる人の着姿をジ〜〜ッとチェキしてる視線に気づきました。
襟、帯、オハショリの崩れには注意しましょう。笑

« ドラマ「女系家族」 | トップページ | ころもやさんと豆千代さん »

コメント

ほおずき市行ったんだ。いいな~ 浴衣着たくても着ていくところがないし。こういうイベントにそそくさと参加しないと、着る機会なくかびてしまいそう・・・そもそも、しばらく着てないので、着付けの仕方がわかんなくなってそうです。
ところで、年をとってきても浴衣の帯は片花文庫とかでいいの?かわいすぎない?OK?かといって着物雑誌にあるような、浴衣だけどお太鼓&半襟って言うのも堅苦しいような。。。

いらっさいませー
帯はですね、浴衣の柄や着る人の雰囲気で結び方も変わると思う。
粋な浴衣なら「貝の口」でキリっと、とか。
アタシの浴衣はそこそこ華やかなので、文庫にしましたよ。
気をつけてはいたんですが、帰りの地下鉄では少し後に寄りかかってしまいました。固めの帯なのでつぶれたりはしませんでしたが。
お子さんを連れてるお母様でも一文字結びの人もいました。
文庫のシャキーンとなったやつです。

はじめまして。私も着物初心者で、なつといいます。ほおずき市、行かれたのですね。私も昨日思いついて浅草で和小物をぶらぶら見て、足袋を買ってきました。またお邪魔しますね。
(トラックバックさせていただきました。)

なつさんトラバ&コメントありがとう!
なつさんのブログにもおじゃましました。
私、着物だけでなくブログも初心者なので
機能がよくわからないまま、皆様にトラバってもらってありがたいです。
また遊びに来てくださいねー

きもの道、楽しみながら邁進いたしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119098/4914595

この記事へのトラックバック一覧です: 浴衣でほうずき市 灼熱地獄:

» 「七緒」を頼りに浅草探検。 [なつの天然生活]
「着物から始まる暮らし」をテーマにしている雑誌「七緒」を愛読しています。京都へ行く日も近いということで、(私にとっては)意を決して、今日は浅草に行ってきました。今日の着物は夏物の単衣につむぎの帯、かんざし挿して、バックの中にはしっかりと「七緒」創刊号です。電車の中では、特集「着物で散歩 浅草」(平野恵理子さんが出ておられます)を熟読。今日の一番の目的は、下駄と草履の鼻緒を挿げ替えてもらうこと。地下鉄の田原町... [続きを読む]

« ドラマ「女系家族」 | トップページ | ころもやさんと豆千代さん »