2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月31日 (水)

世界の絞り染め

文化服装学園の服飾博物館に絞り染めの展示を見にいってまいりました。
日本の着物だけでなく、インド、インドネシアや南米、アフリカのものも。

不思議に思うのですが、日本の絞り染めは和のカンジがプンプンしてるんですけど
他の国のは突然、十羽ひとからげにエスニック〜ヒッピー・レゲエ系に見えてしまう。
着物も日本のエスノなワケだから、私が他国のものを区別できてないだけなんですが。(恥)
エスニック衣料のお店でも、仲屋むげんどう(アジア系)とチチカカ(中南米系)では置いてある商品・雰囲気が違いますよね。
それはわかっているんですがねえ…

絞り染めといっても縫って防染したり、くくって防染したり
折り畳んで板で挟んだりするものも…といろいろあって、とにかく根気と偶然性が関わるものです。
チマチマ細かい模様を縫っていって(下絵もあり、これも細かい!)染めてみたら失敗!なんて、たまんないだろうなあ。

絞り染めはインカ帝国の時代からある技法なワケで、なんだか人間ってのは模様をまといたい生き物みたいです。
そのこだわりは機械化・量産される以前のほうが強かったと思われる。

他国のモノはほとんどコットンにプリントしているせいか、日本に入ってくると比較的安いですよね。
(人件費やらクオリティやら貨幣価値は置いといて)手間や技術は同じように必要なのになあ。
日本の総絞りの着物なんざ、値段を見ると目から血が。

で、展示会場で発見したんです!
着物の「下着」で、私が「うそつきの大うそつき」でやったように
袖口5センチ・振り部分5センチ・襟・裾まわりだけが同柄で、その他が違う布のものを複数見つけました。
「襦袢」とは区別された「下着」という表記だったので
襦袢に重ねて着るものかもしれません。たくさん重ねて色がハーモニーを醸す方が良いのですから。

写真の、ポスターにもなってる渦巻きのようなのはナイジェリアの衣装。
「これ、暖簾にしたいわあ」(高価なんじゃ?)などと思いながら楽しく見てまいりました。

サイト
http://www.bunka.ac.jp/museum/tenji.htm


2005_1

2005年8月27日 (土)

高円寺阿波踊り〜

オマケ。
毎年行ってるのですが、高円寺の阿波踊りを見物してきました。
ちびっこダンサーもがんばってる!
さすがロックな街・高円寺、飛び入り連はタテノリでレイヴ状態でした。
荷物がなかったら参加したかったな。

awaodori

誘惑に負ける

伊勢丹に「よきもの倶楽部」の襦袢を見にいきまして…
好みの袖があったので、購入。。。
なんでだよーーー!!
昨日までのお針子仕事はどうなるんだよおおお _| ̄|○

試着してみたら驚いたことに
背中を通すマジックテープ1本で、うまいこと襟も抜けて襦袢自体も固定されます。
お腹に締めるものが何もないので楽ちん。

きものライター(作家さん?)の「きくちいま」さんもブランドの立ち上げに参加されたそうで
販売までやられたそうですよ。

yokimonojuban

2005年8月26日 (金)

「うそつき」のさらに大うそつき

うそつきとは2部式襦袢。
袖がピンクっぽいポリエルテルで出来てる、洗える襦袢を使用してるんですが
やはりチラッと見える襦袢の色にはこだわりたい。
で、替え袖がホックで簡単に付け替えできる襦袢を買おうかと思っていたんですが
オカダヤに布を見にいったら気に入ったコットンを見つけたので
ムリヤリ袖口と振り側に縫いつけることにしました。(写真)
これなら失敗してもダメージは少ない(元の襦袢は生き残る)。

うまく行くかしらん。

襟は、襦袢に美容襟を縫いつけて使っています。
美容襟は固定感が素晴らしいので、他の独立襟を使うのがコワいんですよね。
なので襦袢の本体ごと買い換えると、また襟をチクチク縫わなければならないんで面倒だなーと。
考えたあげくの布部分使用。。。ちょっとみっともないけど、着物着ちゃえばわかんないし。
大うそつきだ!

先日伊勢丹の着物売り場から「よきもの倶楽部の秋物(フェアー用)入荷しました」とのお電話をいただきました。
よきもの倶楽部さんの替え袖襦袢に注目していたので連絡いただけるよう頼んでおいたのです。
通販でも購入できますが、実際に触って選びたい。
もうしばらくは必要なくなっちゃったんだけど…一応顔出して来るかな…
デパートに行くと無駄に散財しそうで怖い。


juban-1

2005年8月20日 (土)

またまた浅草へ

希望通りの色(深緑)の帯揚げに出会えました。
キャラコではない、ナイロンの足袋も買ってみた。
しめて5300円也。

ちりめんの帯揚げは色出しがビミョウなので
ケースの中のもの、全部出して見せてもらっちゃった。
(新仲見世の「えり丹」さんにて)

木綿の足袋は、洗うたびにどんどこ縮んでしまって足が痛いので…
アタシの干し方がいけないんだけど。

雷門近くの和紙屋さんで、紅型風の型染め和紙やら西陣の和紙やらに感動。
かわいい形の紙バッグを作ったら…などと想像し、興奮して呼吸困難。
我ながらバカみたい。不器用なので無理ですよー

asakusa

2005年8月15日 (月)

被布(ヒフ)…ってなに?

あれです、七五三の三歳の女の子が着物の上にかぶるヤツ。
三歳なんて、そんな若いお嬢さんとお付き合いがないから全く知らなかった。
着付けの師匠に「被布の絵を描いてほしい」と頼まれまして
産まれてはじめて出会ったような被布。

母に電話をして「私は被布なるモノを着たのか」と聞くと
「アンタ、着たじゃないの。」
「七五三の時にすっげーバスに酔って気持ち悪かったのを覚えてるんだけど、あれは七歳の時?」
「鎌倉に行ったときだから、三歳よ」
…おそるべし記憶。苦しいことは覚えているのだ。
バスの窓に映った七五三仕様の自分の姿を覚えているような…
(被布は覚えてないけど)

三つ子の魂100まで。
【108さいを迎えるシバタンさん】とニュースに登場するときにも
「みっつの七五三のお参りで、バスに酔って苦しかったねぇ。ムニャムニャ」
とかコメントしちゃうのか。怖い。

★七五三を皮切りに、着物企画プロジェクトスタート!★
いったいとれだけ製品化されるか全くわかりませんが(苦笑)、師匠のお手伝いをしていく予定です。
頭の中を花鳥風月・歳時記がグルグル回っていますよー

753

2005年8月10日 (水)

帯揚げ・帯締め、どんな色?

先日買った草木染めの着物を、単衣で仕立ててもらうことにしたので、
仕立て上がったら来月から着られます。(ムッハー!)
なので、今日は新宿のたんす屋さんに帯揚げと帯締めを見に行ってみました。
私はピーコックグリーンのもの、もしくはムラサキ系なら別の着物にも合うな〜と思っていたのですが、
店員さんがそれでは暗いとおっしゃる。
たしかに帯が黒なので、刺し色としてクリーム色なんかもいいのかもしれません。

で、コーディネートに困ったときのためにスタイル画を作成してみました。
元のモデルは藤原紀香さんなので、もちろん私のケースでは縦に7掛けです、ハイ。

みなさんならどれ〜?
べつに帯揚と帯締が同色でなくとも、全くかまわないのですが…。

色の候補が決まったら、帯揚げだけはオカダヤの和古布コーナーで布を買って代用するかもしれません。
ウワサには聞いていたのですが、本日はじめて行ってみたら色も柄も豊富で楽しかった!

obiage_choise

2005年8月 3日 (水)

日本民芸館にて琉球紅型を堪能(ためいき)

マンションの隣の部屋が工事中で、不快指数200パーの騒音に絶えられず
酷暑の中、日本民芸館へ出かける。

『琉球の美』という企画展で、メイン会場は紅型の展示。
すんばらしく美しい柄と色を堪能してまいりました。
琉球王朝時代のものだそうで、たぶん130〜150年以上前の衣装だと思われます(かなりアバウト)。
着丈も短く袖も小さかったり、身八つ口(脇)が開いてなかったり
日本の着物とはちょっと違うのですが、柄は鳥・波・花と、和柄アイテムです。
たぶん大和の国との関係で、日本を意識した柄にしてたんではないかな。

ちょっと調べてみたら
王族など偉い人や、もしくは歓迎用の舞踏の衣装として着るものらしく
朱、紫、藍、黄、緑が基本色で、黄色が一番高貴な色なんだそうです。
薄目の藍というか、ビビッドな空色が一番好きだな。

琉球絣もいくつか展示されてて、ショッキングピンクに近い桃色のものもあり
すごく興味深い展示でした。
他に風呂敷・陶器の展示もあり。

お昼もとっくにまわり、展示を見ているあいだに腹音が主張しはじめ
とっても恥ずかしいので名残惜しいけど外に出て
沖縄つながりでタコライス食べて来ました。

【タコライス事件】
過去に、私はタコライスには蛸が入っているものと信じて疑わず
沖縄からレトルトのタコライスのソースを買ってきて、マダコの刺身を用意して作ろうとしたのですよ。
タコス・ライスなんですよね。ワハハ!

bingata

2005年8月 1日 (月)

神宮の花火を見にいき、しんのすけと会う

写真のとおりです(笑)
ゆかたツーショット、うれしいな〜!

kure-sin

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »