2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 結城へGO! | トップページ | 萬田久子で、くるりへ »

2005年10月 3日 (月)

「染のまち落合スタンプラリー」へ

イラストレーターのMさんとスタンプラリーに行ってきました。
新宿区落合にある様々な工房を見学してまわりました。

まずは江戸小紋・江戸更紗の「染の里二葉苑」へ。
ここでは型染めの順序の説明、浮世絵に登場する着物柄の復元商品などのお話を聞き、工房で職人さんが帯に色を入れていく様子を見せていただきました。
浮世絵をあらためてじっくり見ると、帯の柄なんかはけっこうオリエンタルです。
更紗の帯はそのうち絶対欲しい!

次は湯のし屋さんの「吉澤湯のし加工所」。
洗い張りした着物(反物)を蒸気でしわを取ってプレスしていく行程を初めて見たので(なかなか見られないし)一番印象に残りました。
あらためて「着物というのはほどいてしまえば元通りの長い反物に戻る」ということに感心します。

途中、そば屋&カフェに寄り

三軒めは江戸小紋の「松綱染工所」へ。
江戸小紋の柄の意味・言われの説明などをしていただきました。
たとえば南天の実の柄は「難(ナン)が転(テン)じて実がなる」からオメデタイ、と。
江戸時代のシャレは高尚です(?)

工場では染め型に防染糊を置いていく作業と、防染・染めの終わった反物におがくずをまぶしてから
サウナのような小屋で蒸すところまで見学しました。何人もの手がかかる作業です。
小さな型を繰り返しズラシながら染める、その柄がシロウト目にはわからないくらいズレないのが信じられないっす。

4軒めは手描友禅の「協美」。
6月に半襟染め体験にうかがった工房です。やはりプロの絵付けは繊細です。
そうか、筆の先端だけを使うのか…ブツブツ…

その後、ゴール地点でオリジナル手ぬぐいをいただいて終了〜!!
型染め・型抜き(防染)・手書きと、いろいろな技を見せていただきました。
各ジャンルの職人さんが落合に集まっているのは便利だし心強いですね。
(私の友人宅も洗い張り屋さんで、落合にあるんですよ)

※写真のコレも、更紗の柄なんですって。北国っぽくない?
 北欧とかロシアとか。かわいいですよね〜

20051003_1116_0000

« 結城へGO! | トップページ | 萬田久子で、くるりへ »

コメント

こんにちは。
たくさんのところを回られたようですね。っということは作業場がいっぱいあって、その中で何人もの方が作業していて・・・
着物って1式作るのに、たくさんの人の手がかかるんですね。どおりで値がはるわけですよね。このレポを読んで思いました。
それにしても工場見学できるところが新宿にあるとは、知りませんでした。
私も是非行ってみたいです。

みずきさん、こんにちわ
このスタンプラリーは年に一度のイベントとして開かれているものです。
私も昨年知ったのですが、そのときはすでに終了していました。
このイベントに参加していない工房・会社も含め、
落合周辺はけっこう多いですよ。川が流れているからでしょう。
根津・谷中とか浅草とか、東側にも江戸伝統工芸スポットは多いですけどね。

スタンプラリーのサイトです。ご参考に。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/kyoubi/hotaru1.html

こんにちは!
「作品をインターネットメディアで広く伝えたい」と染色作家である父から依頼され、もっとも適した方法がブログだと思い、「きもの」について語られている方の多くのブログを参考にしているうちに、私が想像していたよりはるかに若く、多くの方たちが「きもの」に関心をもたれていることに驚いています。
趣味や志向が違うかもしれませんが、作家を父に持つ私としても、また作家である父としても喜ばしく、有難いことだと思っています。
これからも是非、「きもの」を愛して続けてください。

作家・作品紹介のブログもよろしければご覧下さい。ご意見を頂ければ大変うれしいです。
「保辻ケ花へようこそ」
(http://blog.goo.ne.jp/mizuno_kunihiko/)

ミズノさん、コメントありがとうございました
ブログも拝見いたしました。

東京で辻ヶ花って、ちょっと意外でした(知らなかったです)。
辻ヶ花って、ものすごい技を駆使して作られる「高嶺の花」というイメージです。
残念ながら私はやわらかものの着物が似合わないのですが、
染色作品としてはものすごく興味があります。
写真でしか見たことがないので(笑)染楽会、ぜひおじゃましたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119098/6233280

この記事へのトラックバック一覧です: 「染のまち落合スタンプラリー」へ:

« 結城へGO! | トップページ | 萬田久子で、くるりへ »