2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 萬田久子で、くるりへ | トップページ | 和裁ふたたび »

2005年10月10日 (月)

きものスタイリングの講習へ

先日原宿の「くるり」へ行く前に、着付け教室でヘアアレンジのクラスに参加していたのですがあまりに不器用で撃沈。
(まあいいわ、子供の頭なんか怖くて触れないよ…)
あくる日曜、今度はきものスタイリスト講習へ参加。
七五三の記念撮影のスタイリングの練習です。子供の撮影に慣れたカメラマンの方が教えてくださります。

七歳の振り袖をキレイに見せるために板紙を入れたり、余分な布をピンチで背中側に止めたりします。
お母様も和服でしかも座りポーズの場合、膝下のドレープを美しく処理。
子供以外にご兄弟・ご両親・祖父祖母などと大勢一緒の撮影もあるのかもしれません。
講習に参加していらっしゃる着付けのプロの方々は何回も現場をこなしているらしい余裕のオバサマ方。
きもの触って数ヶ月のワタクシなんざ、ペーペーもいいところです。
仕事柄(広告関係)撮影の現場には慣れてるだろうって理由で参加させられてますが…いつもと立場が違うし子供が相手だし。。

スタイリングだけではなく一連の流れ(ご挨拶〜接客も)を、お客のお母様役と子供役のマネキン相手にロールプレイングで練習しました。(コント?)
「いらっしゃいませ。本日はおめでとうございます」
「○○ちゃん、ポックリに履き替えてね。危ないからつかまって」
「撮影終了したしました。いってらっしゃいませ(神社での祈祷などへ)」とか言うのです。
その間、マネキンはじっとしていてくれますが、現実のお子様は着付けされてきた着物・羽織をすでにグチャグチャにしているかもしれません。
立ち位置も決め、衣装を整え、「いざシャッターを!」というときに号泣しているかもしれません。
そうしたら私にはデコラティブな帯結びや袴の着付けはできませんから、着付け部隊の先生を呼んでこなければならない。
ああ、不安。。

今から考えるのはやめよう。私が撮影に参加しなくちゃいけないのは、今のところ一日だけだし。

※写真は大家族の立ち位置の練習。どうか本番は大勢で来ないでほしい〜
 (ピンぼけで すんまそん)

STILING

« 萬田久子で、くるりへ | トップページ | 和裁ふたたび »

コメント

連続ですみません;
去年、うちの姪っ子が七五三(の三)で写真を撮ってもらったのですが、なかなか賢くしていましたよ~。女の子はきれいな着物を着られたりお化粧してもらうのが嬉しくて大人しくしてるみたいです。男の子の方がガサガサしてるみたい。大変でしょうが、良い経験になりそうですね。楽しんで頑張ってきてください!
私は成人式の着付けを手伝うことが多いのですが、ねむいだのしんどいだの言うし、着付けの最中に化粧をしたりと大変です(笑)

コメントありがとうございます
ホント、ハタチのギャルと暴れるガキンチョとどっちがマシでしょうね(笑)
自分が卒業式で袴を着せてもらったときは、ちゃんと大人し〜くしてのになあ。
私はシロウトですので、荷物の運搬や腰ひも持って走りまわってるだけになるでしょう。
社会見学のつもりで参加します。

たかねえさん、
たかねえさんのブログに日本語が書き込めません。
文字バケしてしまいます。何故なんでしょう。。

で、拝見した中紋の柄、美しいですねー!!
素晴らしいです。型染め大好き。

遊びに来てくださったんですね。ありがとうございます。でも、あら~文字化けしちゃってますか?なんでだろう・・・
そうそう、ポリの洗える着物って抵抗ありますか?最近は良い生地に仕上がってて、小紋なんかはかなりかわいいですよ。反物なら1万くらいから、仕立て上がりなら3千円くらいから買えるし(私は新品を200円で買ったことがあります・笑)、汚しても洗えるので平気なので、着物を練習したい方にはオススメですよ。もちろん正絹の良さにはかないませんが;
汚しても平気って思って着てると意外と汚さないんですが(笑)、数をこなすことで「うわっ」って思うポイントがわかってきますよね。くるりさんのデニムがなかなか手に入らなかったら代替品として(?)いかがでしょうか?
文字化けの件、調べてみますね…ってわかんのか?って感じですが;良かったら懲りずにまた遊びに来てくださいね。

ポリやシルック、柄が気に入れば全然オッケーです。
着付けの練習はお教室にあるポリの着物・帯でやっているんですよ。

…でも3000円とはお安いですね。どちらでそんなお値段で売ってるんでしょうか?
ネットですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119098/6333563

この記事へのトラックバック一覧です: きものスタイリングの講習へ:

« 萬田久子で、くるりへ | トップページ | 和裁ふたたび »