2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 着物って暖かい! | トップページ | スカーフを裏地に »

2005年11月25日 (金)

瀬戸内寂聴を宮沢りえが演じる

女の一代記 第一夜・瀬戸内寂聴

rie


たっぷり2時間。りえちゃんの着物ばかり見ていました(笑)
着物も浴衣もとても良かったのですが、(特に浴衣は→)現代のモノですよね?
1960年代がメインでしたが、最近の浴衣なんではないかと…。
(水色の浴衣が欲しくなった〜)
あの細い首と肩に襟(ノド側の半襟)をカッチリ詰めて着ているのを見ると、
襟幅がやけに広く見えます。か細い。

寂聴さんのこれまでの人生はなんとなくは知っていましたが
通して見ると、そこは冷静になったほうが良かったんじゃ?という箇所が何点もありますね。
まわりの人を振り回してしまうから。
そうしてしまう己のエネルギーに自覚がお有りだし、それを描いたドラマですが。
最近のインタビューで「出家は更年期ヒステリーでやってしまったこと。あの時は出家したくて仕方なかった」とおっしゃっておられます。

うちの母なんかは否定派で、「好き放題やって自分だけ出家しちゃって」と言っておりましたので
地味に暮らす女性たちにもかなり反感買っちゃったんだろうなあ。


明日は越路吹雪の巻です。(テレビばっかり見てます)

« 着物って暖かい! | トップページ | スカーフを裏地に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119098/7304992

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸内寂聴を宮沢りえが演じる:

« 着物って暖かい! | トップページ | スカーフを裏地に »