2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月28日 (水)

少しでも涼しく!

すでに東京は蒸し暑いです。
このあいだの日曜日、そこそこ涼しい曇天に浴衣ででかけたのですが
帯の下は汗みどろ。赤く腫れて痒いです(汚いっすね)

本日はたんす屋さんに寄り
寝間着のようなカジュアルな浴衣に合わせる、ピンクの半幅帯を購入。
お安いものですからアレですけど、こんなにペラペラでいいの!?ってくらい薄い。
暑い最中に使うものですから、むしろ薄くて良いですよね。
近所のお祭りくらいにしか着られないクタクタの浴衣に合わせるのだし。
(兵児帯はラクそうですが、さすがに年齢的にどうなの?)

で、以前から気になっていたメッシュの帯板も買ってみました。
ラクになるんでしょうか。少しでも水分と温度を外へ排出できれば…。
しっかりした厚い帯を締めたら全然意味がないと思うけど。

Obiita_1

2006年6月24日 (土)

甘かった

帯芯というものを甘くみていました。
サイズを合わせて切って、ズレないようにまち針を打ち
現在、しつけの要領で縫いつけているのですが、すごく固くて難しい。
これ、針が折れたり怪我しそう。笑
ついつい、すくってはいけないオモテの布もすくってしまうので難航してます。

おまけに購入した帯芯の長さがちょっと足りなかったので
継ぎ足さねばならず、自己流ならば出来てしまうんですが
和裁の先生の指示をあおぐとなると、次回のお教室まで待たねばなりません。

完成は先になります…トホホ。がんばります。

平行してもう一本作ろうと思っています。
繰り返しやらないと忘れちゃうから。

P6230160

2006年6月13日 (火)

安い木綿で名古屋帯 制作中

和裁教室にて3時間と、自宅で1時間でここまで出来ました。
1m50センチ買ってきた花柄の布を、三等分し、二回継いでいます。
帯はズレ防止のために全体をしつけ縫いするんですね。知りませんでした。
(普段、パンツの裾上げくらいしか針をもつことはありませんのでドシロウトです)
赤い出来上がり線はほとんど縫い終わっています。
3m50〜60センチというと長いようですが
バラエティ番組などを見ながらせっせと縫うと、あっという間です。
(私は針の持ち方が運針の基本と違うんですが、そのほうが曲がらないんです〜)
あとは帯芯を入れてひっくり返すだけ。
生地が安いものならば、ジャンジャン量産できると確信が…(マジかよ)!

Nagoya1

2006年6月 5日 (月)

イッキ縫い!

昨日、布と芯を買ってきて、一気に縫いました。
エスニック半幅。バティックは大昔バリで購入したもので、一部「のれん」に使用。(笑)
通常380センチのところ、ワタシはいっつも持てあますので345センチで。
初めて縫ってみて、やっと帯芯の使い方が理解できました。
次は名古屋帯です。(ミシンが無いからオール手縫いだ!)

…これはお試しなので、結び方が汚いのはカンベンしてください。

Ikki

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »