2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月24日 (土)

布が伝える和のこころ展

渋谷東急本店にて、三瓶清子さんの明治〜昭和の着物コレクションが展示されています。
正直、先日銀座松屋で見たような華やかさ・ゴージャスさには欠けるのですが
史料としての価値があると思われるコレクションでした。

三瓶さん自ら展示物の説明をされる「ギャラリートーク」の時間にちょうど当たったので
多くの60代以上の女性たちと団子になって、ゾロゾロと説明を聞いてまわりました。

阪神大震災に遭われて、それでも瓦礫の中から貴重な着物を探し出し、
三瓶さんに託した女性が会場にいらっしゃっていて
「私たちの縁は、これらの着物によってできました」と、しっかり手をつないでおられました。
届いた箱を開けてみると、着物といっしょに砂やら木クズも出てきたそうです。
泣けます。

あと、知らなかったので会場の人にも質問してしまったのですが
子どもの着物には背縫いが無いので
背中から来る悪霊(?)より身を守るため、紅白の糸でしつけ縫いのような縫い目をつけたり
それが発展してフサをつけたりしたそうです。
「お守りなんですね。けして衿をぬくためとかじゃないんですね?」とおかしなコト言っちゃった。

展示は28日水曜までです。

江戸コモン、カモ〜ン!

江戸小紋が仕上がってまいりました。
八掛けには「あかね」という文字と花の絵。

でもパッと見、やっぱり「あのね」ですよね。
歩きながらチラチラと
「あのねっ あのねっ」とアピールするわけですか。

ここまで長く着られそうな着物は初です。
これを着て『百歳バンザイ!』に出演しよう。

柄は鮫小紋で、細かい網点というかスクリーントーンみたいなものですから
光線のかげんによって、濃いグレーにも薄くも見え、表情が豊かです。

色無地のコーディネートは無限大なので、
色々考えるうちに白目むいちゃいそうです。
また帯なんか買っちゃうんだろうな。確実に。

223

2007年2月12日 (月)

和裁教室〜〜!

和裁の先生が北海道のご実家に帰られることになっちゃいました。

各週のお稽古では遅々として進まず、
現在縫っているコート(もとは祖母の着物)も季節が間に合わなかった…
ぼんやりと週1で習えるところのほうがいいなとは考えていたのですが。

確実に上達できて、縫うアイテムも自由、時間のやりくりも可能な教室を探しています。
現在、候補は原宿に一件。
見学できるといいんだけど。

2007年2月 4日 (日)

桐の衣装ワゴンケース

やっと届いたのですが…小物やコート、羽織までは収納できず。
虚しい。
これ以上絹モノが増えた場合(間違いなく増える)
木綿やウールはこのワゴンから退去してもらうことになる。

あいかわらず片づきませんよ…。

Kiri

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »