2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« たてもの園イベント | トップページ | 別の和裁教室へ »

2007年4月 7日 (土)

江戸の文様 NHK『美の壺』より

鮫小紋って、ものすごく精密な細かい穴(というか模様)が空いてるじゃないですか。
なんでここまでやっちゃうの?ってぐらい。

一見無地にも見える江戸小紋の模様がなぜあんなに小さいかというと
着る人も職人も「意地の張り合い」でどんどんどんどん小さくなって行ったそう。
江戸っ子、おもしろいねえ。

パッと見、シックですっきりしてるんだけど、よ〜〜〜く見るとこだわりがある とか
実は羽裏がスゴイ柄とか、「粋」ってすごく興味深くてわかりたいんですが
感覚としてまだ、“なんとなく”しかわかりません。

意地を張ったり やせがまんしたり… 笑

« たてもの園イベント | トップページ | 別の和裁教室へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« たてもの園イベント | トップページ | 別の和裁教室へ »