2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月28日 (土)

京都へ行ってまいりました

うわあああ散財〜!
そして暑くて暑くて浴衣を着ていて地下鉄駅にて具合悪くなりました。
四条駅の皆様、気をつかってくださって大変感謝いたしております(恥)。

以下、まわったお店です

★SOU-SOU
家紋プリントのルコック・スニーカー、足袋、タビックス、
木綿浴衣反物など購入
サンプルとして仕立て上がっている浴衣を着、自分の姿にホレボレするという失態。
死ななきゃ治りません。がんばって縫います。
青山にもショップがあるんですってね…でも本店で買うべきですよね。

★てぬぐいのてんてん
手ぬぐいハンカチ、手ぬぐい製で綿の入ったふわふわポーチ購入

★手ぬぐい屋 RAAK(※写真下)
購入はしませんでしたがショップと、祇園のてぬぐいギャラリーへ。

★紫織庵(※写真上)
立派な町屋をギャラリーかつショップにした襦袢が専門の店。
大正あたりのポップな絵柄も復刻しています。型染め専門。
型染めでなければ出ない色味が美しい。そして綿絽の浴衣の反物購入!
いったい誰が払うのでしょうね。暑いのに背筋が凍りつきます。

★ちんぎれや
有名な古布店。更紗ミニがま口購入。たっくさんあって選ぶのが大変。

★今昔西村
これまた有名なアンティーク着物店。購入はせず、マシンガントーク。
ガイジンコレクターでも目利きな人は「1920'Sのものを」と注文するらしい。
楽しいお話をたくさん聞かせていただき、うれしかったです。
しかしこれ以上買い物はできな…い…  く、くそぅ

季節のいい時期にまたゆっくり行きたいです。
ちょっと炎天下はヤバかった。

Shiorian_3

2007年7月14日 (土)

相変わらず大盛況な和裁教室

和裁教室には頻繁に見学の方がいらっしゃいます。
今日は関東地方もジャンジャン雨が降ってるのですが
お着物で見学にいらっしゃったオバサマ(還暦くらい?)がいて
ちょうど授業が終わったので帰りは途中の駅までご一緒しました。

雨なのでふだん履かない下駄を出してこられたのが
理由だそうですが
学校のあるビルのエレベーターを降りた1階のフロアで
そのオバサマは着物のまま思い切り派手にコケたんですよ。
荷物を全部放り出す勢いで。
かなりビックリした。具合でも悪くなったのかと。

オバサマも先生に
「ずっと和裁を習っていたのにひとりでは全く縫えない」と
訴えていらっしゃったので 帰路の道中
「私も同じですよ。以前の教室は先生に言われたところを縫うだけだから
 何も覚えられませんでした。
 ここは教え方が丁寧ですし、説明を受けたあとノートをとらされ、
 その上そのノートまでチェックされますから覚えますよ」と
なんだか売り込んでるみたいだけどオススメしておきました。
7年間、個人宅で習われていたのだそうです。
それでも縫えるようにならないとは…本当に教え方って大事なんですね。

「こんな大雨なのにお着物で大変ですね。
 私なんか雨の日はポリの着物しか着ませんよ」というと
「これもそうよ。洗える着物。」ですって。
今まであんまり趣味のいいプリントのシャリ感のあるポリ着物を見たことがなかったので素敵だと思いました。

駅の階段などもオバサマがゴロゴロ墜落しないように
ちょっとハラハラしながらお供しました。
下駄(二枚刃の)は慣れないとコワイですよね。笑

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »