2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月26日 (土)

西郷さんの特大・大島紬マント

これ、西郷さん像に着せるのダメって言われちゃったマントですよね。
かたいこと言わないで、ちょっと着せてあげればよかったのに。
で、「西郷さんに着せて」署名運動を全国規模で始めたそうです。

【 西郷さんの特大マント展示 】

鹿児島市城山町に立つ西郷隆盛の銅像用に作られたマントを展示する「世界一大きいマント 西郷さんのマント展」が25日、新潟市中央区の県民会館で始まった。鹿児島特産の大島紬 十二反を使用した鉄色の特大マントが来場者の注目を集めている。

主催はNPO法人「きものを着る習慣をつくる協議会」新潟地区。
同法人会員の鹿児島市の呉服店店主が中心となり2007年、
西郷隆盛の生誕180年を祝い、建立70年を迎えた銅像にマントを着せようと制作した。
ボランティア約600人が、約4カ月かけて完成させた。

ところが同年12月、銅像を管理する同市はマント着用を許可しなかった。
このため同法人は、 全国を巡回してマント着用の許可を求める署名を集めようと
展覧会を企画、新潟を皮切りに30カ所を巡回する予定。

マントは、丈約3.8メートル、すそ周り約7メートルで
高さ5メートルの銅像に着せると肩からひざまでを覆う大きさ。
屋久杉でできたボタンには西郷家の家紋も彫り込まれている。

展覧会を主催した同法人新潟地区代表の佐藤圭三さん(43)は
「高級感あふれる素晴らしい出来栄えでスケールも大きい。
今年こそ、鹿児島の西郷さんにマントを着せてあげたい」と話していた。

同展は29日まで。入場無料。
【新潟日報より】


107782

2008年1月25日 (金)

きもの文化検定3級 合格しますた

きもの文化検定試験事務センターから届いた封筒が
ヘナヘナだったからこりゃダメかと思いましたが
4級のときとは違って、厚い台紙から合格証をくりぬくものではなく
得点が書いてある紙に合格証が貼ってありました。

信じられませんがけっこうな高得点(思ったより)でございました。
今回はかなり難しかったので結果も悲惨なことになり、
全員に10点下駄履かせたんじゃないのー?と思います。

だって自己採点より8点多いですもん。

この資格を持っていたからって、
呉服屋さんにでも就職を考えない限り
なんのトクにもなりませんが、自己満足です。笑

2008年1月18日 (金)

ドラマ「京都へおこしやす!」

昨日、こんなのやってるのに気づきました!
中村玉緒さんが主演です。
京都のお茶屋さんが舞台、しかもビンボーでケチ。
娘のカレシは着物デザイナー。

なにより、カタキ役に小沢真珠さん! 昼ドラマの女王。

おもしろそう♪
TBS系13時30分より

Topc1

2008年1月 7日 (月)

またもやウレシイお客様の帯姿

某有名女性誌で働くヨコタさんのお写真が届きました♪
またママンと歌舞伎に行ったのかしら??
女の子らしくてかわいい。
帯は一昨年の秋、マコちゃんの個展にてお買い上げいただきました。
またぜひとも 4649! ママンにも4649!

P1060635_2

2008年1月 5日 (土)

悩ましい足袋

草履が一足増えたので、
以前からどうやって合わせようか悩んでいた
手描き格子のタビックスを合わせてみた。
う〜〜んビミョウ。黒いキモノならいけるかしら。
ダメなら洋服に合わせます。

足袋はあまり主張のないもの、ガラが細かいもののほうが
何にでも合いますね。

それは実は鼻緒にも言えて
写真右側上の鼻緒がエンジの桐下駄はとにかく万能でして
紬にもアンティークのお召しにも浴衣にも履きました。
履きつぶしてボロッボロです。


P1030663

2008年1月 3日 (木)

地味〜なコーデでイセタン詣♪

時間が遅くなるのがイヤだったので
半幅帯(左。幅広です)に逃げました。
ホントは右の写真の帯を締めたかったのです。
帰ってから練習もかねて締めました(写真は途中)。

ずっと道行きコートも脱がず、
伊勢丹で働いてる友人に会ったり買い物したり。
格安の、しかも探していたとおりの
つや消しの黒い台&縞の鼻緒のぞうり発見!
買ったどー!3990えん。

本日はいていたのも縞の鼻緒の下駄なのですが…(右)

★次の記事では足袋とのコーデについて考えたい!


P1030654

2008年1月 2日 (水)

あけましておめでとうございます

お正月です。
まだ袖を通してなかった江戸小紋を着ようと思いたち、
チンタラしつけをほどいたり、
また、はじめて結ぶアンティーク名古屋帯も用意して着てみましたが
どーーーも上手くいかない。
初めての着物は全く着グセがついてないから難しいし
普段めんどうくさがって半幅帯などで過ごしていましたので
久しぶりのお太鼓、山がヨレます。
基礎からやりなおしか!

そもそも半襟の色も気に入らなかったし
四苦八苦してるあいだに時間もどんどん押してしまったので
ひととおり着てみたところで出かける気力も失せ、脱いでしまいました。

さきほど、これまた新調した(自作)二部式襦袢(上)に白い半襟をつけました。
明日こそはキレイに着るぞ。
デパートぐらいしか行くトコないけど。(笑)

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »