2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 二葉苑さんへ | トップページ | 白瀧文化祭へ »

2008年7月21日 (月)

『NIPP●Nの夏』展へ

あっついですねーー。
涼をもとめて三井記念美術館「NIPPONの夏」展へ。

陶器やガラスなどの器、夏野菜の彫刻(象牙)、ホタルなどをあしらった蒔絵の箱、
浴衣姿の浮世絵、湯帷子(ゆかたびら)などの展示。

ガラスの玉をつなげた棒で虫かごをつくっているのは感動しました。
(写真)ラブリーです。 が、この中にセミとか入れちゃうわけ??

水のモチーフをあしらった陶器や着物、調度品などを置いて
目にも涼しく、というのが江戸の知恵だったようですが
今と真夏の平均気温は軽く10℃は違うでしょうからねー。
ちょっと水浴びして夕涼み…じゃ、済みません。
ウチでいくら滝の絵を見ても涼しくは感じません。

余談ですが
某女性誌では「夏きものはやせ我慢の美学。」と冒頭から書いていてゲンナリしました。
やせ我慢は江戸っ子のモットーです! がんばりましょう!


いつも思うのは、浮世絵の浴衣美人って、しどけなさすぎる。
あれじゃ羽織っているだけですから、モロミエです。
デフォルメされてるんでしょうけど、江戸の銭湯は男女混浴だったりしたみたいだし
もう、いいのか、見えても。

★この展示は9月半ばまで。途中、展示内容が一部替わるそうです。

★今月末からはサントリー美術館で『小袖』展。行くべし!
 和装でいくと300円割引です!


05

« 二葉苑さんへ | トップページ | 白瀧文化祭へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二葉苑さんへ | トップページ | 白瀧文化祭へ »