2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« お袖がつきました | トップページ | 絹芭蕉? »

2010年1月28日 (木)

タモリ倶楽部 手ぬぐい注染の巻

先週のタモリ倶楽部、おもしろかったです。

番組の手ぬぐいを染めるのに
タモリ、みうらじゅん、安斎肇さんなどが挑戦。

浴衣などを染める注染(ちゅうせん)、
染め型を置いて染料を流し込むところは理解できますが
「染料を台の下から吸引する」と本で読んで、
吸い込むってどうやって??と疑問に思っていたんですが
番組によって解決しました。

ペダルを踏むと、シュッ!!と勢いよく
余分な染料が吸い込まれます。
反物を何重にも折ってセッティングしとけば
シュッと一度に全部、染み渡るわけですよね(ね?)

ちゃんと染め型にマスキングの糊を置くところからやってました。
染料がゆるゆる(インクのような液状)なので、他の色と混じらないよう
もんじゃ焼きの砦のようなものをつくります。(写真下)

染料は首の長いジョウロのような容器で
砦の中に注入していくのですが
染料自体のゆるさもあり、ちょっと油断すると余計なところにこぼれます。

タモリさんの器用さは有名ですが
みうら氏も安斎氏も絵描きさんですよね。
それでも難しいのです。

完成品はまあまあ上手くいってました。
そら耳で佳作だった人はあれを受け取るワケですね〜

Tamori

« お袖がつきました | トップページ | 絹芭蕉? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お袖がつきました | トップページ | 絹芭蕉? »