2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« タモリ倶楽部 手ぬぐい注染の巻 | トップページ | 立松和平さん »

2010年2月 1日 (月)

絹芭蕉?

先日、和裁教室での勉強会がありました。

今回のテーマは反物の種類で、
絹から麻から木綿、合繊までいろいろ説明をしていただいたのです。

その中で、
「芭蕉布に似せた、絹でつくった絹芭蕉が最近増えてきました」
というのにひっかかりました。

芭蕉布といえば大宜味村の人間国宝・平良敏子サマ。shine
うちの先生も
「芭蕉布は、もう平良さんのところでしか織ってないんじゃないかしら」と
おっしゃってました。

絹でシャリ感を出して似せるって、なんだかなあ。
あやしいと思いつつ
「先生、その絹芭蕉って沖縄で織られてるんですかー?」と質問してみたら
「織られてません♪」
やっぱりね。catface お互いに失笑ですわ。

呉服屋さんで「芭蕉布いただくわshine」という瞬間は一生無いかもしれませんが
絹と間違えないように気をつけましょう!



あと、師匠は
「麻央ちゃんのピンクの辻が花みましたか?きれいだったですね。
 海老蔵はいいお嫁さん、もらいましたね。
 麻央ちゃんもいいダンナをみつけた。
 よかったよかった」とおっしゃってました。

あの夫婦は大丈夫なんだろうか、いろんな意味で。
末永くお幸せに。

« タモリ倶楽部 手ぬぐい注染の巻 | トップページ | 立松和平さん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タモリ倶楽部 手ぬぐい注染の巻 | トップページ | 立松和平さん »