2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年10月31日 (日)

このあいだの豪雨で大島紬が!

http://www.asahi.com/national/update/1031/SEB201010310002.html

島特産の大島紬の泥染め工場が十数軒ある龍郷町も水害に見舞われた。
川が決壊して大きな浸水被害が出た戸口地区の金井工芸の工場では、胸の高さまで水が流れ込んだ。
金井一人社長は「糸や染料が窓からサーッと流れていった。ぼうぜんとするしかなかった」と振り返る。
生糸を染めるのに必要なシャリンバイ(テーチギ)の皮を
チップにする機械が壊れ、チップを煮る大釜はかまどが壊れて傾いてしまった。

大島紬独特の黒色を出すための泥染めに使う泥田にも大量の土砂が流れ込んだ。
自然に回復するのを待つしかなく、紬の染色に使えるようになるには1カ月ぐらいかかる。
10月下旬の団体旅行客の泥染め体験も全部キャンセルになった。
同社での泥染め体験の再開は今年いっぱいは厳しいという。

奄美大島観光協会によると、団体旅行のキャンセルによる
島内観光業の10月の損害額は少なくとも3億円に上るという。
協会は急きょ、11月3日から東京や大阪で「奄美元気キャンペーン」を展開することにした。
テレビやラジオを通し、災害支援への礼を述べ、
奄美が復興しつつあることをアピールする。
駅前などで奄美の空、海、山の写真を展示し、
特産品を配りながら「奄美は元気です」とPRする予定だ。

【asahi.comより抜粋】

奄美…金銭的余裕があったら是非行きたいですけどねえ。(涙)
復興、がんばれ!

何もできませんが、キャンペーンを見かけたらお話を聞きたいと思います。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »