2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 人間国宝モノ キターーー!! | トップページ | 足袋の日&『神様の女房』 »

2011年9月11日 (日)

た〜くさん重なってますよ(十二単)

有楽町にて呉服屋さんの主催で十二単の公開着付(ショー?)が行われました。
モデルさんも、監修&説明の先生も、着付のお手伝いをする人も
和裁教室関係の人たちなので早起きして行ってまいりました。

写真は左から着せる前の衣装、完成形、たくさん重なった衿もと。
12枚着てるわけじゃないのですが(メインのものは5枚)、
重ね色目がきれいです。
桃色のグラデーションと若草色が和菓子のようw

着付けは、腰紐2本を使い
1本縛っては下の1本を抜く、という方法で重ねて着付けていきます。
衿をきれいに重ねるのが大変ですよね。
着付け終わったあと、雅楽に合わせてモデルさんが踊られたのですが
着崩れることもなし。

Junihitoe

着付ショーのあとは教室の皆さんとランチをし
その後、久々にアンティーク着物の
「灯屋2」さんと「らくや」さんを見に行きました。

5〜6年前とアンティーク着物市場って変わったんだなあと思います。
リサイクルでサクッと探したいなら「たんす屋」さんのほうがいいかも。
江戸期の布や海外の更紗(バティックも)やインドのサリーなど、
ちょっと凝った布の帯を探したいなら灯屋さん。(もしくはランコさん)
らくやさんは現在、七五三の商品が多かったのでなんとも言えませんが
わりと上質なものが置いてあると思います。
ちょっとお出かけに着るオシャレ着物なら、新品で仕立て上がりのものを
「くるり」さんあたりで探すのがいいかもしれません。
※あくまでも私個人の感想です。

« 人間国宝モノ キターーー!! | トップページ | 足袋の日&『神様の女房』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人間国宝モノ キターーー!! | トップページ | 足袋の日&『神様の女房』 »