2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年4月 »

2011年12月13日 (火)

秩父へ銘仙を学びに

和裁学校の研修で、秩父へ行ってきました。
現在、銘仙が織られているのは秩父のみということです。

まずは「ちちぶ銘仙館」。
昔の病院みたいな学校みたいな懐かしい建物です。
銘仙の染めと織り、糸のことなどを学べます。
私ら、人数が多いのでてんやわんやでしたがw

縦糸に軽く仮の横糸を入れて留め、動かないようにして
シルクスクリーンの要領で柄を染めます。
その後、横糸を織りこんでいくと
柄がズレることなく仕上がります。
絣のように緯糸にも柄が入っていると、柄合わせが大変ですが
銘仙はその点の心配がなさそう。
(写真は手前側が横糸が織り込まれた状態)

Pc111326

もとから色のついている糸でやるのも可能。
縦糸を2色使えば、縞模様に花柄をのせるようなこともできて
おもしろいですよね。

次に「新啓(あらけい)織物」さんという、工房も見学。
趣味のいいモダンな着尺がたくさんありましたが
買ーえーなーいー。

その後、美術館や秩父神社などを見学して帰りました。
これ以上寒くなると歩き回るのもキツいですから
天気もよく、いい旅行日和でした。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年4月 »