2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月29日 (月)

「幸之助と伝統工芸」

@パナソニック汐留ミュージアム
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/13/130413/

大実業家が趣味で工芸品を集めていたんだろうな〜ぐらいに思ってましたが
ちがいました。
戦後に衰退していく伝統工芸界を支えていたのですね。
電気製品も工芸品のように作らねばいかんとおっしゃっていた。
(量産品を作ってる人が工芸を支えていたのが素敵。)
ご自身と同年輩の、大正生まれ〜80年代あたりに亡くなってる(ご存命のかたも)作家さんのものが多かったです。

茶道具(茶道を嗜んでいないのでよくわからない)から
器や着物、人形など、展示物はメッチャ趣味がいいです。
ああ、この人はこれを後世に伝えたかったのか、と理解できます。

一代で松下電器を築き上げて大企業にし
その上政経塾で政治家を育て、PHP研究所などで精神の豊かさも追求。
スケール大きすぎて、なんも言えないw
産業の仕組みが変わる以前の高度成長期だからこその思想なんだろうな

展示されてる着物は(現在、後期の展示)
志村ふくみさんや森口華弘さんのものです。
森口さんの「友禅訪問着 早流」見たかったなあ。
会場入り口で流されてる映像で見る限り、ものすごい繊細です。

ゆったり見られて涼しくてオススメです。
8月25日まで。新橋駅からすぐ。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »