2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 江戸のダンディズム展@根津美術館 | トップページ | 日本橋 きものサローネ→キモノ事件簿 »

2015年9月 6日 (日)

トホホなおでかけ

8月の猛暑の頃は暑すぎて、とても着物や浴衣を着る気になれなくて
お盆はクーラーで冷え冷えの部屋で
必死にお客様の秋用の着物を縫っておりました。
その後、本業でPCの前に座りっぱなしで腹筋背筋の萎えた体で
無理矢理、本日、もう9月ですが綿絽の浴衣を(+襦袢と足袋)着ました。
まだ一週目だし、8月末からずっと雨だったし、世間様も許してくれるだろう…

帯を貝の口に結ぼうと、タレと手先の長さを調整しながら
一生懸命結んでいたら、出かける前から汗びっしょりで気持ちわる〜〜!
エアコン&扇風機で涼みながらやってもダメw
着終わってから、もう一回顔に粉をはたきましたw

歩くと疲れるから(笑)家からすぐにバスに乗って行ける美術館へ
写真展を観に。
展示は素晴らしかったです。
鈴木理策さんの写真です。
http://www.operacity.jp/ag/exh178/j/gallery.php#5

A

常設展もぐるっと全部見て、なんだか歩きにくいなと思ったら
ぞうりの裏の前のほうが剥がれてきてる…(安物だから!)
夏ぞうりを2年は履いてなかったので、気づきませんでした。
(接着剤でくっつけてやればあと2回くらいイケる??)

帯を結んで姿勢を正しているだけで背中が疲労してるんですが
疲れて帰って足袋をぬごうとしたら
こはせが一部はずれてる…
もう〜〜〜だらしなーい!
化学繊維の足袋は縫い目も痛くなくてラクでイイんだけど
ユルくて、こはぜの根元がバカになっちゃいますね。
そもそも、夏なんだから天然繊維の足袋にするべきだった。

しかも浴衣は絽なのに半襟はフツーので行っちゃいましたw
夏用の衿に替えてももう秋だし…面倒くさくて…

リベンジで秋祭りにもう一回着よう…。
今度は下駄で!

Yukata

« 江戸のダンディズム展@根津美術館 | トップページ | 日本橋 きものサローネ→キモノ事件簿 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119098/62225779

この記事へのトラックバック一覧です: トホホなおでかけ:

« 江戸のダンディズム展@根津美術館 | トップページ | 日本橋 きものサローネ→キモノ事件簿 »