2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« きものイベントはしご | トップページ | 朝ドラ衣装 »

2016年1月 4日 (月)

きものを着てみて困ったことを解決できるかも?な本

あけましておめでとうございます

最近はドラマの衣装のサイズなおしなどもやっているのですが
お正月もそのせいで徹夜しました〜〜w
年内から少しずつ縫い始めておけば良かったのですが
勘違いで「小一時間でできる作業」と思いこんでしまっていて、放置。
伝票を見たら身幅直しもしろと書いてあり、
真っ青になって超特急で縫いました… sweat01

本日無事納品し、肩の荷が下りましたので
明日以降、きもので初詣にいったりと
これからお正月気分を味わいたいと思います。

さて、書籍の紹介なんですが
『骨格と着つけの関係』笹島寿美さん著

Kimono_kokkaku

日本橋のイベント「きものサローネ」でこの本を見かけ
欲しいなと思っておりました。
暮れに書店で偶然見つけ買ったんですが、バタバタであまり読めておりません。

それでもざっくり説明しますと
きものを着てみて、衿がつまってくる、または浮いてくるとか
帯が体に沿わないなど
何かしらの不具合や不快感を感じる人もおられると思います。
また、上・下半身の太さが極端に違う、
着物を仕立てたときより太ってしまった…などなど体型のこと。
それを体型に合ったタオルでの補正等の方法や
着崩れしない着付のコツなどが
原因(なぜ不具合が生じるか)→解決法(図解あり)という形で書いてありますので
理解(納得)しやすいのです。

ちなみに私の一番の悩みは、体調によって
腰紐だけでもこめかみがトックントックン言い出して
軽い脳貧血症状(吐き気あり)がおこるんですよねー
この本の中で、それに近い内容では
「みぞおちのあたりが気持ち悪くなる」というものがあり
解決法は「紐を少なめにし、締める強さも調整しましょう」としかありませんでしたが。
自分でコツをつかむしかないか。
体を鍛えるしかないのか。shock

本年もよろしくお願いいたします。

« きものイベントはしご | トップページ | 朝ドラ衣装 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119098/63003087

この記事へのトラックバック一覧です: きものを着てみて困ったことを解決できるかも?な本:

« きものイベントはしご | トップページ | 朝ドラ衣装 »